Q&A

Q. まだ決断していないがM&Aがどういうものか話が聞きたいのですが。

A. いつでも遠慮なくご相談下さい。
どのような企業に引き継いで頂くのが良いか、また、どのような企業を引き継ぐことで御社が発展できるかについて一緒に考えましょう。相談に関しては料金を頂いておりません。
また、経営や承継のお悩みをご相談頂くだけでも大丈夫です。

Q. どのような企業から相談が多いのでしょうか。

A. 一番多いのは、後継者がおらずハッピーリタイヤをされたい経営者様からのご相談です。この他、経営は他社に任せて社内に残りたいというご相談や、大手企業の傘下に入ることで経営基盤を安定させたいといったご相談も増えてきております。
また、業界自体が大きな再編の流れに入っている業界もございます。

Q. 赤字企業でも譲渡できるのでしょうか。

A. やはり利益が出ている会社であることが高い評価につながります。
但し、赤字企業でも取引口座等、思わぬものに資産価値を認められることがあります。
また、節税対策として特殊な損失を計上されている場合には、それを除いた正常な収益力で評価をします。一度ご相談下さい。

Q. M&Aではどのような形で事業が譲渡されるのでしょうか。

A. 株式譲渡により会社自体を譲渡する方法と事業譲渡により会社の財産や債務を切り分けて譲渡する方法があります。M&Aには合併という意味合いが含まれておりますが、実際に合併という手段が採られるのは、買収後、相当期間が経過してからとなります。

Q. 従業員はリストラされないか心配です。

A. 日本企業の特色として技術が人についている事が多く、また昨今の人材不足から従業員に退職をされては困るという傾向にあります。もしご心配なようでしたらM&Aの譲渡条件に加えて頂くことも可能です。

Q. 信頼できる我が社の従業員に譲りたいのですが。

A. 従業員様に譲られる場合には以下の2点にご注意下さい。まず今まで労働に対する対価としてお給与を得られていた方が、これから経営者として借入保証も含めた全責任を負われることについて、ご本人そしてご家族の覚悟があるかどうか。
そして、御社の株式を買い取る資金がご本人にあるかどうか。
従業員の方への承継はこの2点で躓かれることが多いです。

Q. M&Aにはどれくらいの期間がかかりますか。

A. 企業様の財務状況や業態等にもよりますが、ご依頼をお受けしてからおおよそ6ヶ月から1年でのご成約が多くなります。結婚と同じでお相手が見つかるまでの期間が長く、お相手が見つかってから基本合意、本契約までの期間は約2〜3ヶ月でまとまることが一般的です。


当事務所は基本合意契約までいって、はじめて手数料を頂く成果報酬制を採用しております。
ご相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

↑